塩谷達也

2012-05-15
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 塩谷達也
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]

シンガー、ソングライター、プロデューサー。 国際基督教大(ICU)教養学部卒。黒人文化(African American Studies)研究のためにニューヨーク市立大留学中に、「こんなに上手にゴスペルを歌うアジア人は初めてだ。次は“君の歌”を聴かせてくれ」と言われ「自分の音楽をつくろう!」と決意、帰国後、大学の音楽サークル仲間を中心に「LOVE CIRCUS」を結成する。吉祥寺・下北沢を中心としたライヴ活動が注目を集め、アルバム『LOVE CIRCUS』で、インディーズ・デビュー。外資系ショップを中心に好セールスを記録する。’97年にソニー・レコードと契約、2枚のマキシ・シングルをリリースした他、メジャー、インディーズ合わせて、4枚のオリジナル・アルバムを発表。スピリチュアルな歌声を持つシンガーとしてだけでなく、ソングライターとしての独特な世界観も、幅広い層から支持されている。最新作は「Black Heart」(RECS-00013)。’99年から西武コミュニティカレッジで人気講座「ゴスペルを歌う!」の講師を務めるなど、バンド活動と並行して、ゴスペルの「紹介者」としても活躍。

’01年7月にはレーベル「GOOD NEWS」を設立、アメリカの第一線のR&B/ゴスペル・ミュージシャンをオーガナイズし、7枚のアルバムをリリース。ゴスペル音楽の魅力とエッセンスを伝える作品は、コアなブラック・ミュージック・ファンだけでなく、幅広い音楽ファン層に受け入れられ、ロングセラーとなっている。主宰するウェブサイト「Hush Harbor」はゴスペルに関する資料、情報として信頼度が高く、Yahooなどでお勧めサイトに選ばれるなど、メールマガジンと合わせて、既にインターネット上でデフォルトの地位を獲得している。’03年秋には、それらの内容に加えて、ゴスペル・ブームからゴスペルの歴史、CD、クワイア情報に至るまで、対談なども交え、独自の視点でゴスペルにせまる「ゴスペルの本」を上梓。 ’05年秋、初の2枚組ソロアルバムとなる『琴音』をリリース。

<塩谷達也による著作>
■「ゴスペルの本」塩谷達也著 (ヤマハ・ミュージック・メディア刊) 本体1,700円 A5判 160ページ ISBN 4-636-20669-x (2003年12月発売) 本の詳細は:http://www.hushharbor.net/book/top.html

<塩谷達也によるゴスペルワークショップ-ALL4ONE>
■『塩谷達也のゴスペルを歌う!』@池袋西武コミュニティーカレッジ  毎週水曜日18:15?19:45(20:00?21:30)

<ウェブサイト>
■「Hush Harbor」http : //www.hushharbor.net ゴスペルに関する総合サイト。ゴスペルの歴史。CD紹介。全国クワイアリンク集。メルマガなど。
■「Hush Harbor Mag」http://www.mag2.com/m/0000040624.htm 塩谷発行のメールマガジン。塩谷達也本人が送るゴスペルを語るには欠かせない必聴CDの紹介とWeb内外の活動紹介、ゴスペルな日常のレポートなどを配信。読者数781人(2006年2月現在)
■「GOOD NEWS」http : //www.hushharbor.net/goodnews/top.html

<コンサート活動>
LOVE CIRCUSとして、塩谷達也として、数多くのライブハウス、ホール、クラブでコンサート、イベントに出演。またサポートゲストとして今井美樹の03年オーチャードホール3Days、04年公演にも出演。 *主な出演場所:吉祥寺Star Pine’s Cafe、南青山マンダラ、青山円形劇場、日比谷野外音楽堂、東京BIG SITE、On Air West、On Air Nest、渋谷クアトロ、Club Asia、shibuya DeSeO、Egg Man、下北沢Club Cue、Garage、Club 251、Shelter、なんばHutch、大阪野外音楽堂、神戸Chicken George、心斎橋BIGCAT、梅田Banana Hall、天保山Bayside Jenny、Etc.

<プロデュース/レコーディングゲスト活動>
自らレーベルプロデュースを担当するGOOD NEWSレーベルの全アイテムのプロデュースの他に、LUVandSOULのMaxi Single 「snow 」(2002/11/20リリース)のコーラスアレンジを手掛ける。03年12月にリリースされたSLOW DIDIのアルバム収録曲「Real Praya」では歌と祈りを担当。その他、CalmやJazzida Grandeなどのクラブ系アーティストのレコーディングやライブにも参加。

<その他>
米国ニューヨークThe City College of Music, Music Department、国内のMichiko’s Vocal TherapyでVoice Trainingを受けた経験を元に、シンガーにVoice Trainingの指導をしている。尚美学園や日本工学院などの専門学校でも音楽講師として活動中。 また週間英字新聞Asahi Weeklyでの連載などの執筆活動も行っている。

塩谷さんと初めて出会ったのは昨年の塩谷さんのクリスマスイベントのことだった。
一緒にイベントに加えさせていただいて、ゴスペルを味わった。
日本人のブラックゴスペルミュージックの第一人者の一人。
実際に聞く歌声は日本人離れした声量と歌唱力。
新しくリリースされた、「琴音」はまた塩谷さんの生歌とは違った顔が見える。
優しくも力強く、尚且つカジュアルな歌い方に人々はきっと惹きつけられるだろう。

詳細

カテゴリー: 日本のアーティスト 
Copyright© 2010 - 2014 ゴスペルレディオステーション Gospel Radio Station All Rights Reserved.