Laura Story『Blessings』

2012-06-06
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Laura Story『Blessings』
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`grow` not found]

DOVE賞で3年連続女性の最優秀ボーカリスト賞にノミネートした本格派シンガー、ローラ・ストーリー。彼女は、元々“Silers Bald”というバンドのベーシストとしてエッセンシャル・レコードからアルバムもリリースしていた。プロデューサーに「1曲ソロで歌ってみない?」と提案され、それが良かったため、バンドを脱退し、ソロとして活動をスタートした。ファーストアルバムをインディーズからリリースした後に、クリス・トムリンのアルバム「Arriving」の1曲目に彼女が作詞作曲した「Indescribable」が採用された。その曲が、クリスチャンソングのチャート2位に入り多くの人に注目されるようになった。また、WOW Worship 2006には、アバロンが同じ曲をアレンジして歌い収録されている。

『Blessings』は、彼女がリリースする4枚目のアルバム。このアルバムは、クリスチャンチャートで2位を獲得。アルバムタイトルと同じ曲 #5「Blessings」は、クリスチャンチャート1位を獲得し、今年のグラミー賞Best Contemporary Christian Music Songを受賞している。この曲は、「試練の時に歌う賛美」だと彼女は語っている。それは、彼女の夫が脳腫瘍になり、「なぜ、神はただ癒さないのか?」と問う中で出来た曲。曲のタイトルが答えで、「全てのことば祝福である」。ピアノ一本で奏でられ、歌詞もシンプルで、多くの人に支持されている理由がわかる。多くの人がこの曲を聞きながら、涙を流したことが想像できる。

 

カテゴリー: 海外のアーティスト 
Copyright© 2010 - 2014 ゴスペルレディオステーション Gospel Radio Station All Rights Reserved.